記事内に広告を含む場合があります。

当サイトでは広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮してコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。万が一、不適切な表現など見つけられましたら、お問合せフォームからご連絡頂けると幸いです。

Webライターって甘くない…と感じる9つの理由

Webライターは甘くない

「Webライターって稼げるらしいけど、実際どうなんだろう?」
「Webライターって楽そうだけど、そんなに甘い仕事じゃないのかな?」

そんな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

確かに、Webライターはスキルさえ身につければ、在宅で安定して稼ぐことができる仕事です。しかし、甘い仕事ではないのも事実です。

そこで今回は、Webライターが甘くないと感じる9つの理由を解説します。

✔︎この記事でわかること

  • Webライターが甘くない理由9つ
  • Webライターとして身につけるべきスキル

✔︎この記事書いた人

ホエルお🐳

Web制作者兼Webマーケター|ココナラ収益累計100万円以上・取引件数50件以上|案件はWeb制作とライティングが主|他ブログでSEO上位表示記事多数執筆|クラウドワークスライティング検定3級|簿記2級|Withマーケ課題コンペ最優秀賞

Webライターが甘くない9つの理由

悩むwebライター

Webライターが甘くないと感じる理由は以下の9つです。

  • 競争の激化
  • いつまで経っても低単価
  • 仕事を取れない
  • 単発で終わってしまう
  • 突然案件がなくなる
  • 稼ぐためにはスキルが必要
  • 超低時給になりやすい
  • 依頼者の意向
  • 文章を書くのが苦しくなる

それぞれ1つずつ説明しますね。

 

競争の激化

Webライターとして成功するためには、多くの競争相手と差別化する必要があります。

インターネットの普及により、誰でも簡単にWebライターになれる時代です。その結果、市場には数多くのライターが溢れ、仕事を獲得するための競争が年々激しくなっています。

この環境では、単に文章を書くだけでなく、SEO対策、マーケティングの知識、専門性の高い内容など、多岐にわたるスキルが求められます。常に学び、スキルを磨くことが成功への鍵です。

 

いつまで経っても低単価

Webライティングの世界では、特に初心者のうちは低単価の仕事が多い傾向にあります。

クライアントはコストを抑えたいと考え、熟練のプロフェッショナルよりも安価で働く初心者を選ぶことがあります。

このため、経験を積んでも、なかなか単価を上げることが難しい状況が生まれます。

1記事500円以下とか、時給2〜300円とかの案件はめっちゃくちゃあります…

高単価の仕事を得るためには、実績の積み重ねと、その実績を適切にクライアントにアピールする能力が必要です。

 

仕事を取れない

Webライターとして活動を始めたばかりの時期は、仕事を獲得すること自体が一つの大きな課題です。

特にフリーランスとして働く場合、自分でクライアントを見つけ、信頼関係を築く必要があります。これには時間と努力が必要で、最初のうちは仕事が安定しないことも少なくありません。

効果的な自己PR、ネットワーキング、ポートフォリオの充実などが重要になってきます。

また、仕事を取りやすいサイトや案件を選ぶのも案件獲得のコツです。

 

単発で終わってしまう

Webライターとして活動する場合、多くの案件が単発の仕事で終わってしまいます。

単発案件は、安定した収入源になりにくいです。

そのため、継続的な収入を得るためには、常に新しいクライアントを見つけ、案件を獲得し続ける必要があります。

また、単発の仕事が多いことは、長期的な関係構築が難しく、その分仕事の安定性にも影響します。

僕も始めたてのころは単発案件ばかりこなしていました。
1つの案件毎に提案をしていく必要があるので、めちゃくちゃ大変でしたね。

 

突然案件がなくなる

Webライターの仕事は、時に突然案件がなくなるリスクが伴います。

例えば、クライアントの予算削減、プロジェクトの終了、市場の変化などによって、安定していたと思われた仕事が突如として終了することもあります。これにより、収入が不安定になりがちで、フリーランスとしての生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。このような状況に備えて、複数のクライアントとの関係を築いたり、貯金をしておくなどの対策が必要です。

 

稼ぐためにはスキルが必要

Webライティングで安定して収入を得るためには、高度なスキルが必須です。これには、優れた文章能力だけでなく、SEO対策、マーケティングの知識、特定分野の専門知識などが含まれます。クライアントのニーズに応え、価値あるコンテンツを提供するためには、これらのスキルを身につけ、常に最新のトレンドに敏感でいることが求められます。スキルが高ければ高いほど、より多くの仕事の機会を獲得し、収入を増やすことが可能になります。

 

超低時給になりやすい

Webライターの仕事は、時に非常に低い時給になることがあります。特に、初心者や経験の浅いライターは、安価な案件を受けることが多く、作業にかかる時間と比較して収入が非常に低くなることがあります。単価が低いと、質の高いコンテンツを作成するための時間や労力に見合わない報酬となり、結果的に超低時給に陥りがちです。この状況を避けるためには、自分の時間とスキルに見合った報酬を得るための交渉能力が重要になります。

 

依頼者の意向

Webライターとして働く際には、依頼者の意向に沿った文章を書くことが求められます。依頼者によっては、特定のスタイルやトーン、内容の方向性を厳格に指定することがあります。これらの要求に柔軟に対応することは、Webライターとしてのスキルの一部ですが、時に自分の書きたいスタイルや表現を抑えなければならないこともあります。このような状況は、ライターの創造性や表現の自由を制限し、作業に対するモチベーションに影響を与える可能性があります。

 

文章を書くのが苦しくなる

Webライターとして長時間働くと、文章を書くこと自体が精神的、肉体的に苦痛になることがあります。デッドラインのプレッシャー、繰り返しのライティング作業、クリエイティブなアイデアの枯渇などが原因で、ライティングに対する情熱や楽しさを失うことがあります。このようなバーンアウトを防ぐためには、適切な休息、趣味やリラクゼーションの時間を確保することが重要です。また、自分のライティングスタイルを確立し、効率的な作業方法を見つけることも、長期的なキャリアの持続に役立ちます。

 

Webライターって甘くないな…と感じた私の体験談

悩むwebライターのイラスト

僕自身、Webライターの案件を継続的に受注していますが、「Webライターって甘くないな…」と感じることが多くありました。

そこで僕がWebライター案件をこなす中で甘くないと感じたことをご紹介します。

 

修正が多くて予想より時間がかかることがあった

私がWebライターとして始めた頃、一番大変だったのは修正作業でした。クライアントからの要望に合わせて、何度も何度も文章を書き直すことがありました。最初は「これくらいすぐに終わるだろう」と軽く考えていたのですが、実際は予想以上に時間がかかり、他の仕事にも影響してしまいました。これは、クライアントの期待を完全に理解していなかった私の経験不足もあったと思います。修正に追われるたびに、時間管理の難しさを痛感しましたね。

 

依頼内容が何度も変わり、やることが増えた

また、依頼内容が途中で変更になることもしばしば。例えば、記事の主題や対象読者が変わると、すでに進めていた内容を根本から見直さなければならなくなります。これは、特に締め切りが迫っている時には本当に大変で、予定していた作業量が一気に増えてしまうんです。そういう時は、「もう少し早く教えてくれれば…」と思うことも多かったですね。

 

連絡がなくなることがあった

フリーランスとしての苦労話で忘れられないのが、クライアントからの連絡が突然途絶えること。提出した記事に対するフィードバックを待っている間、何の連絡もないと、次に何をすればいいのか分からなくなってしまいます。連絡がないと、仕事の進行はもちろん、収入にも不安が生じます。この経験から、クライアントとはコミュニケーションを密に取ることがいかに大切か、身にしみて感じました。

 

皆さんもWebライターとしてスタートする時は、こんなことで悩むかもしれませんが、これも一つの経験です。一つ一つの課題を乗り越えていくことで、確実に成長していけるはずです!

 

Webライターは甘くない!だからこそスキルを身につけよう

ガッツポーズをするwebライター

Webライターは甘くないと感じる場合はスキルが身についていない可能性が高いです。

Webライターとして稼ぐために身につけてほしいスキルをご紹介しますね。

 

Webライターに必須のスキル5選

まずはWebライターとして必須のスキルを身につけて行きましょう!

必須のスキル5選は以下のとおりです。

  • リサーチ力
  • 構成力・文章力
  • コミュニケーションスキル
  • SEOの基礎知識
  • スケジュール管理能力

文章力だけじゃないんだね。

文章力はもちろん大切ですが、記事を書くためにはそれ以外のスキルも必須です!

特に質の高い記事を書くためには深いリサーチが大切です。

Webライターとして活躍するためにも、ぜひリサーチ力を高めてください

 

より稼ぐために必要なスキル

Webライターとして更に稼げるようになるために必要なスキルは以下のとおりです。

  • さらに専門的なSEO知識とスキル
  • 画像生成スキル
  • WordPressの基礎/応用スキル
  • 独自の専門的な知識
  • 高いライティングスキル

特にSEO知識・スキルはクライアント様から求められることが多いので優先的に身につけましょう。

体感でもWebライター案件でSEOスキルを求めらることが多いです。
下の画像は実際に僕に見積もり依頼が来た時のスクショです。

 

さらに上のレイヤーに行くためのスキル

Webライターの枠に限らず、更に稼げるレイヤーに行くためのスキルをご紹介します。

  • Webマーケティングスキル
  • AIを使いこなせるスキル
  • ディレクションスキル

Webライターが書く記事は集客・収益を狙って依頼されることが多いです。そのために必要になるのがWebマーケティングです。

また、最近ではchatGPTを筆頭にAIツールがどんどんリリースされています。AIを使いこなせれば作業効率が格段に上がりますので、使いこなせるようになりましょう。

僕はリサーチや記事構成でAIを活用しています。
今ではAIがないと仕事ができないくらいどっぷり浸っています。

 

Webライターとして稼ぐためのスキルを身につける方法

スキルを学ぶwebライター

次にWebライターとして稼ぐためのスキルを身につける方法をご紹介しますね。

僕が実際にやっている方法をご紹介します!

 

本を読んでライティングスキルを身につける

Webライターとして稼ぐための最初のステップは、ライティングスキルを身につけることです。文章を書く技術は、単に言葉を並べるだけではなく、読者の興味を引き、情報をわかりやすく伝えることが求められます。これを学ぶためには、多読多書が効果的です。様々なジャンルの良質な記事や本を読み、その書き方や表現方法を学びましょう。そして、自分でも積極的に文章を書き、反復練習を通じてスキルを磨いてください。

 

ブログを運用する

実際にブログを運用することも、Webライターとしてのスキルを磨くのに役立ちます。自分のブログを持つことで、定期的に内容を更新し、ライティングの練習を実践的に行えます。また、ブログ運用を通じてSEOの基本や、読者の関心を引く記事の作り方など、実際のWebライティングに必要な技術や知識を身につけることができます。さらに、自分のブログがポートフォリオとして機能し、将来のクライアントへのアピールにもなります。

 

プロに添削をしてもらう

また、プロのライターや編集者に自分の文章を添削してもらうのも、スキル向上には大変有効です。専門家の視点からのフィードバックは、自分では気づかない弱点や改善点を教えてくれます。これにより、文章の質をより一層高めることができるでしょう。添削を受ける機会を積極的に探し、プロの指導を受けることで、より高度なライティングスキルを身につけることが可能になります。

 

Webライターは甘くないけど、確実にスキルアップできる

正直、思っているよりもWebライターは甘くないです。

僕自身、初案件を獲得したり、継続して案件受注したりできるまでとても苦労しました。

単価を度外視すれば初案件を受注すること自体は難しくないのですが、それ以上にメンタルをやられやすいです…

しかし、「どうやったら依頼してもらえるか?」や「どうやったら継続して依頼をしてもらえるか?」などいろいろ考えながら試行錯誤することで、少しずつ単価も上がってきました。

Webライターは甘くないですが、案件をこなす過程で身についたスキルは自分自身の力になります。

この記事でご紹介した内容を参考にしつつ、稼げるWebライターになるためにスキルアップを目指してくださいね!